2015年10月16日金曜日

身の回り品・其ノ壱

人生50年、を過ぎてのここ数年で、今さらながら

生まれて初めて購入利用しだしたものがいくつかあります。

そのひとつが、本ヘビ革財布。それ以前から、

チェーン付きロング・ウォレット各種を数十年、

愛用してきましたが、合皮製かキャンバス製の

廉価なものばかり。耐久性に乏しく、1年~5年で

買い替えざるをえないことが多かったのですが、

まぁ逆に、色んな色・柄の長財布を

取っ換え引っ換え楽しんでこれたともいえます。

 そもそも、バイカー/ロッカー/アメカジくん御用達の

黒や茶色の牛革の、よくあるチェーン付きロング・ウォレットは、

どうもピンとこなくて購入する気にはならなかったのです。

サイコビリー~ラスティック界隈の樂團員の大多数もみんな

尻のポケットにその手の長財布をブっ込んでますが、

自分としては周囲のみんなが持ってて定番すぎる物は

逆に避けたくなる性分でもあるのです。

いい例がブルージーンズ。ここ20年は一度も穿いてません。

デニムが嫌いというわけではなく、インディゴ色が嫌いという

わけでもありません。青いカバーオール(ツナギじゃなくて

ChoreCoat)とか着てるし、グレーやヒッコリーのペインター

(昭和の昔はカーペンターだったのに、なぜか平成になると

大工用→ペンキ屋用に転職wしたパンツ)やオーバーオールなら

穿いてますよ。普通の藍色~青色系のGパン(死語?

なんじゃ"そ"りゃ~by立ちション刑事w)だけ、パスなんです。

あっ、ブラックスリムも自分的にはNGでしたw。

 そんなわけですが急に3年前、黒/茶/タン/白等のよくある色

ではなく、黄色~金色の本ヘビ革のチェーンウォレットが欲しくなり、

上野に仕事で行った帰りにアメ横のガード下とか何軒も

見て回ったんだけど、なぜかヘビ革チェーンウォレットは

どの店も白黒モノトーンのしかなく、あきらめて帰宅して

PCでじっくりネット通販で探してみることに。

すると、黄色~金色の本ヘビ革の長財布はたまにあるんだけど、

チェーンウォレットではない、紳士淑女向き?なドル入ればかり。

それでもあきらめずに探し続けること小一時間、

100軒目くらいで、やっと本パイソン革のチェーン付きウォレット、

カラーも「イエロー」な製品を発見。イエローとは書いてあるけど

写真で見る限り、「飴色」のニシキヘビのナチュラルな色柄。

なんでこんな自然な色のヘビ革ウォレットが、ありそうでないのか

(てか、あるにはあったけどレアすぎてて)不思議なほど。

当初さがしてた真っ黄色~金ピカGOLDとは異なり、

飴菓子の黄金糖(それも手作りw)くらいの色なので、

まぁ渋い黄金色ってことで自分なりに納得OKして購入。

価格も高からず安からずの、まあまあなイイ値段。

さらに偶然ながら自分の出身国(尾州)の皮革工芸社製・国産品。

これは感覚的に、DNA的に、OKな信頼感、勝手に大増幅w。

Dabis-Kaneire
チェーンにデフォで付いてた同じ蛇革製の
ベルトループ(コンチャ釦付)は
脱着に手間取るので外してしまい、
代わりに大型カラビナを装着。おかげで
細いベルトやベルト通しには瞬間装着可。

使ってみると、2枚重ねも可能なカード差し×10でカード20枚収納可。

クレカ・免許証・保険証・PASMO・T Card・Ponta・nanacoから近隣の

食品スーパー~家電量販店~大型ディスカウント店の各カードに

良く行く飲食店~レコード店のスタンプカードやネカフェ会員券など

常時ぜ~んぶ入れられるだけ財布に"入れっ派"の自分には

ありがたいカード収納力をもつ財布です。さらに

紙幣入れと硬貨入れ以外にフダ券類の収まるポケットが5つもあり、

ちょっとした物を買うたびに領収書をもらっては財布にしまう、

自営の自分にも余裕でうれしい大容量のロング・ウォレットです。

 財布内に常備してる上記の会員カード類のリストを見れば

お気付きとは思いますが、いい年こいた大の男が、

ポイントやスタンプをいちいち貯めたり、100円引きとか10%オフの

クーポンをいちいち利用するとかのセコくてみっともないマネだけは、

してしまうんですw。ザックリ計算してみると年間で2万円前後

浮かせてるだけなんだけど、会計時に会員カードやクーポン券を

出したり、スマホ画面を見せるだけで特に労力はかかんないので、

たまったポイントやスタンプを使って1食ぶん丸々浮いたときの

喜びwとか達成感?wのほうが、セコい男と思われることよりも

完全に上を行ってますねw。まぁ、これも趣味のひとつですよ。

でも趣味というのは本来カネがかかるものです。

この趣味は逆にカネがほんの少額にしろ浮くんです。

それ考えたら趣味とは呼べませんね。立派な商いですw。

しかし、「てやんでぇ、こちとら江戸っ子でい。いちいちチマチマ

ポイントなんか貯めてらんねーよ」ってなシトからみたら、

カード類大杉のせいでパンパンに太ったMyウォレット、

粋じゃねえったりゃありゃしねえザマなわけでござんす。

なんせRusticな田舎者でござんすから、ご勘弁くだせえ。

それでもひと昔前に比べたら飲食店の会員カードや

クーポン券の紙量は激減してますね。各種特典や割引も

スマホ画面を見せるだけでOKな時代になりましたからね。

昭和オヤジには、今の状況はホンマ「ビックリポンや」w

 (NHK"麻が北"見てまんねん。偏向ニュースは見んけどなw)。

 次くる時代は、財布パンパン人間救済のためにw、

各種会員カードも銀行カードもクレカも身分証もすべて不要で、

携帯端末ひとつで全部OKな完全カードレスな社会ですかね。

しかしスマホを失くしたり壊したり、充電が切れるだけで

何もできなくなりますねぇ。それへの対処として

今のアップルウォッチみたいな物に全部バックアップさせる

機能でもつけるんすかねぇ。カードレス社会はいいけど、

完全キャッシュレスな社会への移行には反対です。

現ナマを失くすのは色んな面で危険な悪寒。そもそも

神社仏閣の参拝にお賽銭チャリンもできなくなりますしねw。

 なんにせよ今の財布、ここ3年間使い込んでるうちに

ますます飴色が深みを増していい風合いになり、

手にもポケットにも馴染んできました。

これが真っ黄色や金ピカGOLDだったら、いくら開運色とはいえ

間違いなくそろそろ飽きが来てたはず。

渋い飴色の開運へび革ウォレットPsy高、萬歳!

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。