2016年4月1日金曜日

本日、四月馬鹿


長文につき【閲覧注意】。どヒマなときどぞ。
二千六百七十六年 卯月朔日 東京S区Z公園
日本のこころを大切に(←ステマですw)

 新年おめでとうございます。弓道初段のダビス・Kです。

弓矢といえば正月に神社で購入する破魔矢(守護矢)以外は、

ここ30数年ふれてもいませんがw、小笠原流で高2の時に合格。

整形ハーフ顔のナンタラ K氏みたく詐称ではありませんよ。w

あっ、そういえばワタクシは全くLINEなど利用しておりません。

それが最近、ワタクシと同じ(ような)名前を名乗る者をLINEで

みかけるとのハナシを数人から耳にしたので、こんなことをここで

書いてるわけですが、LINE上でダビス・K、またはそれに

類する名の者を見ても、それは偶然同じ(ような)名前の他人、

あるいは故意の成リスマシですのでご注意ください。

ワタクシも以前からインターネット上の匿名投稿サイト等で

「ダビスケ」(←ワタクシの名前としては誤字です)という投稿者を

何度か目にしてきましたが、全員知らない/わからない他人です。

だいたいは競馬ゲーム・ダビスタの愛好者ぽいすね。

鹿島アントラーズだかに「ダビ」ってブラジル人選手も

いたようですが、ラテン系ダビのスペルは「David」、つまり

英語圏のデイヴィッドですから、あちらはトラッドな名前です。

ワタクシの名前の表記は歴代、「ダビすけ/DABISUKE」

「だびすケ?/Dabis-que?」「ダビス・K/Dabis-K」

の和文3通り、欧文3通りの全6通りです。で、ここ2年以上

「ダビス・K/Dabis-K」しか使ってません。なので

ワタクシ本人が絶対に自分では書くことのない異表記の

「ダビスケ」「ダビ助」「だびすけ」「ダビスK」あたりの名を

目にしたら、瞬時に別人だとご認識ください。とか言っても、

他人様に微妙な表記の違いなんかわかりゃしませんよね。

戦国武将の花押マニアとかならわかってくれますかね?w

逆に、ドラエモン(誤)も、ドラえもん(正)も特に大差ねーだろ、

なんてセンスの人にはホント、どーでもいいハナシでしたね。w

>>成リスマシさんへ

>これ読んで正式表記を覚えなくてもいいからね
 わかる人には成リスマシだとちゃんとわかるよにw
 「ダビスケ」等の異表記でお名乗りくださいw


 今日はエイプリル・フールということで、

ウソに関する話題をいくつか御紹介しましょう。

4月1日だけでなく365日(今年は366日w)、四六時中

ウソを吐きまくってるのが、内外の反日勢力ですよ。

国外ではまず韓国政府。

日本固有の領土である島根県の竹島を、昔からの韓国領だと

ウソの主張をして武力占領してます。

さらに大東亜戦争中に20万人のコリアン女性が

日本軍に強制連行され、慰安婦となることを強要されたなどと

証拠ひとつない大ウソを韓国は国をあげて吐いてます。

大東亜戦争当時の日本軍慰安婦の総数は2万人強で、

うち約6割は内地出身の日本女性だったのですよ

(朝鮮女性は約2割、その他〔台湾満洲支那等〕の女性が約2割)。

簡単な算数もできない者が韓国政府には大杉w

(朝鮮人慰安婦の総数は数千人単位でした。多く見ても6千人ほど)。

さらに最近では、日本軍コリアン慰安婦は48人を残し、

残り全員が日本軍によって虐殺された、なんて大ウソまで

コキはじめました。その大ウソを元に「鬼郷」というデタラメな

慰安婦映画まで作り、「この映画は実話を元に制作されました」

などと大ウソこきながら、韓国と米国ですでに上映中の模様。

ダイジェスト版をヨウツベで見ましたが、登場する日本兵がなんと

あろうことか敵の米軍式鉄帽(第2次大戦~朝鮮戦争~

ベトナム戦争当時型の米軍ヘルメット。自衛隊でも一部まだ

使用中の旧式タイプ) を堂々と着用してるのでw、

とても旧帝国陸軍の日本兵には見えませんw。

ちなみに日本兵役を演じたのは在日コリアンだそうです。

どおりで、米式ヘルメット姿だと韓国兵にしかみえませんでしたw。

この、鉄カブト使用例ひとつとってみても、いかにこの映画の

制作スタッフらには考証センスが無いか、というか

史実をハナから無視する体質かということがよくわかります。

映画終盤では主人公ら慰安婦の一団が日本軍によって

銃殺されそうになるところで、コリアンの反日武装組織が現れて

日本軍を殲滅して慰安婦を救うという、妄想虚構自慰映画です。

戦時中のコリアンによるマトモな反日武装組織などは、

戦後コリアンの脳内幻想の夢物語の中にしか存在せず、

実際には全くそのような武装組織は存在しませんでした

(大正時代に極東ロシア沿海州でおきた尼港事件の際には

ロシア赤軍パルチザン数千人に数百人の朝鮮人暴徒も参加して

尼港在住の日本人200余名を惨殺、ということはありました)。

しかし逆に、日本が徴兵制をしいてなかった朝鮮半島で

大東亜戦争末期に日本軍への志願兵を募集したところ、

募集人員の70倍ものコリアン志願者が殺到してます。

それが現実でした。また、戦時中の朝鮮半島の映画館では、

日本軍勝利の映像ニュースが流れるたびに、コリアンは皆

「万歳!マンセー!」と熱狂し狂喜乱舞していたのです。

それこそが韓国初代大統領・李スンマンがウソで封印した

歴史の真実なのです。なんにせよ「鬼郷」という映画は

脚本も衣装もデタラメすぎて「考証」という言葉も知らなさそなw

スタッフに作られた、ウソにウソを塗り固めた最低映画です。

そのうち日本でも少し上映するみたいですが、上映館前では

デモ隊とカウンターによる罵声合戦でも起こりそな予感です。

上映を決めた劇場の経営者は反日コリアン認定されてしまい、

今後の他の映画も嫌韓派からは二度と利用されなくなるでしょねぇ。

そこまで考えての覚悟の上wでの上映強行wなんですかね?

なんにせよ、マトモな日本人はカネ払って観る映画ではありません。

歴史的事実としては、日本人(軍・官憲・民間とわず)による

コリアン女性への強制連行・慰安婦強要・虐殺などは

全くありませんでした。それらがあったという証拠も何ひとつ

どこにもないのです。米国政府も莫大な経費と時間をかけて

調査しましたが証拠は全く何もみつかりませんでした。

日本兵の相手をした朝鮮人慰安婦とは、慰安婦募集広告を見て

みずから志願した者(その多くは職業売春婦)が大半だったのです。

しかし本人の意思に反して慰安婦になってしまった者も少なからず

おりました。が、その場合は同じ朝鮮人の女衒や人身売買業者に

「いい仕事あるよ」と言われてダマされたり、親に売られて

慰安婦になったりで、日本人に強制連行されたのではありません。

さらに出身地や民族に差別なく慰安婦全員に高額の報酬が

"仕事数"に応じてキッチリ支払われてました。さらに日本軍は

性病予防のため、軍医に無料で慰安婦の健康診断をさせましたし、

慰安所の移動の際には軍のトラックに乗せ、警備兵もつけました。

その警備兵は、敵兵・ゲリラ・匪賊らから慰安婦を護るためで、

慰安婦が脱走しないかを見張るためではありません。そもそも

日本軍に守られてた方が慰安婦も安心だし、高収入な仕事を捨てて

ワザワザ危険地帯に逃げだすようなバカもいませんでした。

これらが捏造朝日新聞のいう「軍の関与」の正しい実態なのです。

親や本人の借金のせいで慰安婦になった者は、借金返済さえ済めば

自由にやめることができ、帰郷も可能でした。日本兵相手の

慰安婦とは性奴隷などとは全く異なる、高所得な売春婦だったのです。

日本軍による強制連行も慰安婦強要も虐殺も全くありませんでした。

過去に慰安婦に関する大ウソをさも事実のようにさんざん吹聴して

日本軍をディスりまくってきた福島瑞穂や田嶋陽子らが今更

どんだけ屁理屈をこねようが、捏造報道をした張本人の朝日新聞が

一昨年、慰安婦強制の報道は誤報だったと白状してるのです。

1980年代まで日韓間に存在しなかった慰安婦問題などというのは、

吉田清治という者が日本陸軍の軍人だったときに朝鮮で女狩りをした

という虚構小説「私の戦争犯罪」(作者の吉田本人が後年、その内容は

完全にフィクションだと認めてます)をネタにして、

売国サヨク弁護士の高木健一や福嶋瑞穂(両名ともに朝鮮系帰化人

だとは噂されてます)らと売国新聞朝日がグルになり、

「日本兵に強制連行され慰安婦にされた」などと

補償金欲しさに大ウソこいてくれる韓国人元慰安婦を集めて

1991年、日本政府に補償を請求させたことから始まったのです。

性奴隷などではなく単なる売春婦にすぎなかった彼女らは

カネ欲しさに偽証を重ね、韓国政府や挺対協に利用されまくり、

ウソにウソを重ね続けて20数年、もはや真実の世界に戻ることは

不可能でしょう。すでに全員高齢で、閻魔大王様が地獄で

舌抜き器を手に待ち構えてるというのにw、憐れなものです。

(ちなみにその裁判は最高裁で原告・元慰安婦の敗訴確定ザマぁ。

日韓併合期の日韓間の諸問題は、1965年に日韓基本条約が

締結された際に、日本政府が様々な補償金込みの巨額な支援金を

韓国政府に渡したことで、全てが完全に解決済みだからです)。

 次に中共政府。日本固有の領土である尖閣諸島を昔からの

シナ領だと大ウソこいて領有を主張してます。そしてシナ漁船が

尖閣周辺の東シナ海における日本の排他的経済水域内で

密漁を繰り返し、中共海警艦艇が領海侵犯を繰り返してます。

これはもうアルゼンチンを見習って1隻デカいシナ船を撃沈すべき。

したらビビッてしばらくは来なくなりますよ。沖縄県の海んちゅが

尖閣周辺で安心して漁ができるように沖縄県、海保、自衛隊が

ちゃんと連携して対抗すべき。でも今の県知事が中共の犬の

売国奴なのでムリですね。海保を管轄する国交省の大臣も

媚中派の創禍党だしね。内なる敵から排除していかないことには

沖縄県民の漁場ひとつ守れない、まったく嘆かわしい現状です。

 中共政府は支那事変の際の日本軍による南京占領時に

20万人しかいなかった南京市民が30万人虐殺されたとも

大ウソこいてます。当時の南京在住欧米人の安全区委員会の

統計データによると、日本軍による占領の直前も数日後も市民数は

20万人で変化なく、さらに占領1ヶ月後には25万人に増えてます。

これは当時まだ中立な欧米人による発表データですよ。

日本軍が占領して"安全になった"ため、南京郊外に避難してた

市民が続々と戻ってきたのです。南京市民はみな笑顔で

腕には日の丸の腕章(抗日派ではないアカシ)をつけてました。

それが事実なのです。なかには殺害された南京市民もいますが、

加害者は日本軍ではなくシナ国民党軍です。国民党軍は南京から

鉄道で逃亡する際に、邪魔となる市民を多数射殺してるのです。

さらに国民党兵士の中には、市民を殺して衣服を奪い、

軍服からその私服に着替えて市民の中に紛れこんだ者も多数おり、

日本軍はそのような敵兵は見つけ次第、便衣兵(私服の兵士。

スパイとして銃殺するのが国際ルール。)とみなして射殺してます。

しかし日本軍による一般市民の虐殺などは皆無でした。

虐殺の証拠写真などといわれるものもすべて、

合成写真か無関係な写真(他所の事件の写真、たとえば

北京近郊の通州でシナ兵に惨殺された日本人民間人の

遺体写真を逆に「日本兵に虐殺された南京市民」などと

キャプションだけ変えて証拠とする悪質なスリ替え写真

だと判明してます。市民虐殺などなかったにもかかわらず、

南京虐殺記念館を建て、30万人が虐殺されたと喧伝してる

中華共産帝国は超大ウソつきのド反日国家です。

 国内のウソつきといえば反日サヨクですよ。

共惨・民腫・社罠・性活・シールズらの反日サヨクは昨夏、

もし安保法が成立したら「日本には徴兵制がしかれる」

「米軍の戦闘に自衛隊が参加することになる」

などとほざいてましたが、完全に大ウソでしたね。

安保法成立から半年もたち、施行されたにもかかわらず、

政府・与党内に徴兵制をめざす動きなど全くありませんし、

米軍の戦闘地域(今なら対ISや対タリバンで中東方面)に

米軍への援軍として自衛隊を派遣しようなどという動きも

皆無です。共惨・民腫・社罠・性活・シールズらの反日サヨクどもは

ホントに大ウソばかりこいてることが証明されたわけです。

それらの党員・構成員・支持者には、いまだ本気で

暴力革命での日本赤化をめざす極左テロ組織、

革マル派(民辛党・枝野幸男を支援する極左)やら

中核派(性活太郎とネカマたち・山本太郎を支援する極左)やらの

危険な連中が含まれており、さらに日本人からカネを巻き上げ、

日本人をコキ使い、日本から甘い汁をとことん吸い尽くそうと

常に企んでる反日コリアンやら反日シノワ(※註)だのが巨万といます。

それらの者共は日本人を貶めるための大ウソも、

日本の国力を弱めるための大ウソも、

さも正論のごとく声高に主張するのが常です

※註:シノワとはフランス語で、英語のChineseと同義。

つまりシナ人のこと。シナが差別語だとかほざく連中は、

チャイナのことをシーヌ、その国民をシノワと呼び、

シナとほぼ同じなフランスにも抗議しないとなw。

さらにポルトガル及び同国語圏(ブラジル,アンゴラ,マカオ等)じゃ

Chinaのことをもろシナと呼び、その国民はシネスです。

これはもう抗議不可避だろw)。

安保法反対派とほぼ同じメンツの反日親中サヨクどもは

「バスに乗り遅れるな!」などと言って、中共主導のAIIB

(「アジアインフラ投資銀行」。というより「アホなインチキ倒産銀行」w)に

日本も絶対に参加すべきだと主張してましたが、

欧州各国や韓国がAIIBへの参加を後悔してるw今となっては、

反日親中サヨクどものウソに惑わされることなく安倍政権は

AIIBなどスルーしてホント大正解だったとも証明されました。w

 自由で平和な今の日本の繁栄を望む、

ごく普通の日本国民&愛日外国人の皆さんは、

反日サヨク&反日外国人の烏合の野合ともいえる、

共惨党・民辛党・社罠党・性活太郎・シールズトンスルしばき隊らの

ワメキ声など完全スルーしましょう。

その喚き声はやがて涙声にかわってくるでしょがw

涙声すら途絶える日までガン無視あるのみです。日本国萬歳!


 今日は四月馬鹿なだけでなく、今日から新年度ってことで、

政治的には国際基準の中道を自負する、わたくしダビス・Kが選ぶ

昨年度の「笑えるウソつきwナンバーワン大賞」を発表します。

大賞は自称精神科医の香山リカ氏(以下敬称略)に決定です。

著作多数で、コメンテータとしてテレビ出演歴豊富な香山リカは、

護憲団体に身をおき、お花畑リベラル~反日親韓サヨクとつるみ

(民辛党参議・有田よしふスターリンとは昵懇の仲な模様)、

政治活動も行ってる自称精神科医です。そんな香山リカ

(国籍も本名も不明。噂されてる本名は金梨花)ですが、

玩具会社タカラ(トミー)のロングセラー「リカちゃん人形」の

リカちゃんに設定されてる「香山リカ」という本名フルネームを

一字も違わずそのまま自分の通称/筆名に流用してるという、

精神科医としてその名前はどうなの?な存在であります。w

ある意味、背乗り/成りすましにも通じるものを感じさせるw

他人(といっても人形ですがねw)のフルネームそのままで

立教大学 現代心理学部の教授も務めてるようですが、なんか

それも心理学の教授としてはどうなの?って感じですね。w

せめて香山理科とか香山リ(りりき)wなんて名前で

大学教授やってたら逆に尊敬wしますがね、逆に。w

さらに、香山リカは精神科医として開業もしてなければ

精神病院で診療してるわけでもないのに、あくまで自分は

精神科医だと自称する、ほんとビミョーな先生でもあります。w

そんな香山リカが、DHCシアター(CS放送)の生放送中に

青山繁晴氏(サヨクから見れば右派な中道ジャーナリスト)と

そのファンを中傷する発言をおこない、その件に関しては後日、

香山は同CS放送で謝罪はしたものの、同時期にツイッターで

「青山繁晴は下劣」などと香山がつぶやいていたことが発覚し、

その件を同放送で問われると、なんと香山はぬけぬけと、

そのツイートは自分が書いた物ではなく、何者かが自分の

アカウントを乗っ取って書いたものだと言い訳したのです。

同放送側は、それが本当なら犯罪事件なので警察に通報して

調査してもらうべきだと諭したのですが、

香山は警察には何も連絡せず、その1週間後になって

「青山繁晴は下劣」のツイートは、香山自身がプライベートな

別アカウントで親しい支持者向けに書いた下書きだったと

発表し直し(つまり青山氏への暴言ツイートは香山本人が

書いたものだと香山は認めたわけw)、さらにその下書きが

ツイッターのアプリの誤作動により、なぜか公開アカウントに

送信されてしまったなどと、またも変な言い訳をしたのです。

単に香山のアカウント選択ミスだと推測されますがね。

さらに香山は同CS放送への不満まで述べ、そのまま同放送から

逃げるようにして自発的に降板したのです。これはもうただただ

苦笑するしかない事件でした。香山リカは自称精神科医のくせに、

アカウントが乗っ取られただの、アプリが誤作動しただのと、

2度も見え透いたガキのようなウソを吐いたあげくの果てに

職場放棄wという、精神科医としてどうなの?な一件でした。w

それが昨年4~5月のことです。さらに今年1月、日比谷~

銀座で行われた慰安婦問題日韓合意反対デモに対して、

香山リカは沿道からデモ隊に向かって中指をおったてながら

「馬鹿野郎!豚野郎!死ね!」などと半狂乱で叫びまくるという、

精神科医としてどうなの?

立教大学教授としてどうなの?

日本に住む50代女性としてどうなの? という醜態をさらし、

自称精神科医本人が精神をかなり病んでることを露呈。w

ヨウツベで「香山リカ 発狂」で検索かければ、

自称精神科医の大学教授がものすごい形相で

四文字サイン出してヘイトクライム中の動画がすぐみつかります。

香山リカがもし反日サヨク~お花畑リベラル側の者ではなく、

保守~右派側の者だったとしたら、地上波テレビ各局は

ワイドショーで面白おかしく報道しまくったことでしょう。

ところが反日左巻のお仲間の醜態なのでダンマリですよ。

これも偏向ですよw。放送局は公平に面白ネタをやれ!www

しかし、こんな都心の公道で中指たててヘイトクライムする

狂乱女が、いまだBPO(放送倫理委員会)の委員だなんて

ありえんでしょ。そのBPO、責任とって一度解散すべき。

いまだ立大教授だということもありえんし。その立教大といい、

明治学院大(奥田らシールズ多数)といい、ミッション系大学は

ひょっとして反日サヨクの巣窟と化しつつあるのかな?

まぁなんにせよ、「ウソツキはキ印の始まり」wというハナシでした。

 尻取り:嘘吐き→キじるし→シールズ→ズドー!終~了~w

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。