2015年3月9日月曜日

続・SNACK?

超長文につき【閲覧注意】。ヒマなときにどぞ。

昨年11月24日の投稿「SNACK?」の、3ヶ月半ぶりの続きで、

1994年発売のスナック菓子、カルビー・ベーコンポテト“BP”と、そのテレビCMソング、

東京スカンクス“BPカウボーイのテーマ”(ダビすけ作詞作曲)について、の後編です。
右:カルビー/ベーコンポテト"BP"(snack菓子)の中身
左:東京スカンクス/BPカウボーイのテーマ(CD3)の中身

 そもそも無所属フリーのインディー楽団などに大手製菓会社の新製品TVコマソン

制作オファーがなぜ来たかというと、それは“たまたま”です。

でもまぁ必然性のある“たまたま”だったのかも。というのも広告代理店の企画会議で

CMソングをどうするかというとき、たまたまその会議の席にTOK¥O $KUNX(以下$x)を

知る人がいて、「ちょうどいいバンドがいるからそこに頼んでみましょう」ということに

なったみたいだからです。何が丁度よかったかというと、商品コンセプトが

「ウエスタン」×「今の東京のストリートの若者」みたいなことになっていたからで、

なぜウエスタンかというと新製品の味付けも商品名も“ベーコンポテト”なので、

それは米国カウボーイ料理をイメージさせるものだから、ということ&

「近々ウエスタンルックが流行る」というウワサを信じて乗っかったからみたいです。

実はその会議、当初は当時人気急上昇中のB’zとやらにウエスタンルックを着せて

歌ってもらおうか、なんて意見が大勢だったようですが、$xを知る人が$xのことを

「今どきのパンクぽいバンドでウエスタン風なオリジナル曲をやってる」と説明して

推したようですね。で、結局その場でB’zにではなく$xにオファー出すことに決したようです。

おそらくメジャーの売れっ子に頼むより、わけのわからん無名バンドに頼むほうが

安あがりだという計算もあっただろうことは容易に想像がつきますw。

まぁこちらとしては、当時の日本の“CowPunk系バンド”に限定すれば$xが

第一人者だった自負もありましたし、自分自身の作曲センスにも自信がありましたから、

「こういうオファーなら来ることもあんだろ」的な感覚で、驚くようなことはなかったですね。

で、2つ返事で依頼をOKしてすぐ打ち合わせ。15秒でキリのいい曲のタタキ台を

3つほど用意してくれとのことでほんの数日でサクっとメロディとコード進行だけのを

3曲つくり、広告代理店の下のCM制作会社のさらに外注の音楽制作会社の人に

聴かせて1曲にしぼられ、そのラフテープ(自分1人でギター&スキャット。あっ、ちなみに

オレもギターくらい弾けますよw)で上の会社にOKをもらって基本メロは即決定。

曲はすぐ決まったけど詞のほうは難渋しましたね。最初に作った歌詞は

JunkとPunkでのライムがツボだったのに瞬殺ボツw。

「“ジャンク”だなんてとんでもない!」とマジ怒されましたねw。こちらとしては

自分でジャンクフードだと自虐的に言っちゃいつつ、

やっぱジャンクPsy高じゃん、喰う?

みたい感覚だったのですが、それは理解されませんでしたね。

そもそもJunkMusic~Noise/Industrial系も少しは聴いてきたという、

『1980年代のフールズメイト&DOLLあんど宝島』系の音楽人だった自分にとって

Junkって単語は単なるゴミ/クズという意味だけじゃぁなかったわけだけど、

“スナック歌詞”には単純に最凶ワードだったんでしょね。みんな内心では

スナック菓子なんて所詮はジャンクフードだ!と認識してるからこそ、

逆に目クジラたてて排除すべき大NGワードなんだなと感じましたよ。

21年後の今でもナシかアリかはわかんないですけどね。

で、そんな危険なw歌詞を書かれてはたまらんということで広告代理店の担当者から

直接5~6個、歌詞に使用する単語の具体提示があり、それらをいくつか織り込んで

作り直しましたよ。その時点でAメロでのライミングは捨てましたね。

こちらがわざわざライミングしてることへの評価が担当諸氏からはゼロだったのでね

(1994年当時、日本の音楽界で歌詞で韻を踏むことをマトモに意識してたのは

ヒップホップ系とレゲエ系だけ、と言ってしまってよい状況で、その両ジャンルと

無縁の人だと音楽関係者でも「はぁ?ライム?韻?何それ」でしたね。

21年後の今はその当時と比べれば他ジャンルの音楽人にもライミングを意識する人は

増えてはきてるようですけどね)。 そのかわり、CMでは使われないBメロでは

韻を踏んでますw。で、なんとか歌詞もOKが出た頃に、CMソングがファンハウス

(当時あったレコード会社)からCD化されることが決まり、2曲録音することになり、

急遽もう1曲つくりましたよ。タイトルは「続・BPカウボーイ」。

1曲目の「BPカウボーイのテーマ」が短調ウエスタン(てか昭和変身ヒーローの

テーマ風かもなーw)だったので、2曲目のほうは長調おちゃらけヒルビリー~ブルーグラス風

にしときました。ちなみにCMソングのオファーが来たのが93年12月。

2曲の作曲と作詞が終わったのが94年1月末くらい。それから3週間くらいバンドで

特訓wして2月後半くらいにレコーディングしましたね。その段階でカルビーBPは

関東限定で4月上旬発売が決まっており、同時に関東ローカルでテレビCMも

オンエアされることになってました。さらに4月下旬にCMソングCDが発売され、

カルビーBPの売れ行き次第では発売3ヶ月後の7月に全国発売(同時にCMも

全国オンエア)、状況によってはCM第2弾も制作(CMソングはCDの2曲目を予定)、

という予定でした。CM第一弾の撮影は3月にあり、$xもアタマ2秒だけクチパク演奏で

メンバー5人出演することとなりました。そのクチパク撮影日に楽屋に商品BPの

試作品が届き、さっそく味見してみましたよ。で、その感想は、残念ながら

「おわったな」でした。ハッキリ言って不味い。こんな菓子が売れるわきゃねーと思いましたよ。

でもそれをクチには出しませんでした。CM撮りの真っ最中ですからね。

しかし、なにが不味いってアブラっぽ過ぎたんですよ。ベーコンポテトというだけあって

確かにベーコンの味はするんですが、ただでさえ粉末ポテトを成形して油で揚げた

スナック菓子なのに、それにさらにベーコンの脂肪ぶんが加わってアブラ過多ブラw、

しつこいことこのうえなし。カルビーかっぱえびせんのCMをパロって表現するなら

♪やめられる、とめられる、ベーコンポテト...ってな感じでしたね。

中には「美味い、旨い」といって食べてる関係者もいたけど、きっとCM撮影中なので

みずからを鼓舞してただけでしょね。逆にわたくしは「カルビーの新製品企画担当者って

どんだけ味障がおんのや~」などと心の中で叫んでましたw。で予定どおり94年4月に

このスナック菓子もコマソンCDも発売されましたが、わたくしの悪寒どおり、

この菓子はあまり売れなかったようですね。CDのほうは当時の$x音源の主要発売元、

VINYL JAPANがリリースしてるCDシングルと比較したら約3倍は一気に売れましたね。

取扱い店舗数が違うので当然です。しかしCMのオンエア回数は4月~6月の3ヶ月に

関東限定で900回強。平均したら1日に約10回、つまり民放5局で割れば1局あたり

1日平均約2回。早朝から翌日未明までテレビつけっぱにしててやっと2回みれる

という程度の露出頻度だったので関東在住で当時テレビよく見てた人でも

記憶に残ってる人は少ないでしょね。BPのCMが必ずオンエアされる番組名を

教えてもらってた自分でさえも3ヶ月の間で5~6回しかオンエアされてるのを

目にしてませんからね。そんな幻に近いレアなCMを、どなたか知らないアカの他人様が

ヨウツベにUPされてるのでご覧になりたいかたは下記URLをコピペしてご覧ください。↓

https://www.youtube.com/watch?v=9B4o0jc5KxI&list=PL29F97E2B565F0E4F&index=1

↑この動画の元ネタは、2002年10月26日の$x“改燦GiG”(@新宿ロフト)で

チケット入場者の先着50名に無料配布したVHS(数日かけて$xのバンマス本人が

自宅のVデッキ2台で、せっせと50回ダビングしたものです。ラベルもわたくし自身による

手書きです。)なことは本編前のクレジットでわかります。どなたかは存じませんが、

13年前のその際の開店前からの御来場&後年のヨウツベUP、1009御苦労様です。

このCFのメインアクトは当時の人気モデル、マーク・パンサーですね。実は自分は

メンズノンノとかいう雑誌は一度も読んだことのない人種だったので、同氏の顔も名前も

全く知らなかったんですよ。ある人から「BPのCM見たらマークが出ててビックリした」

なんて言われて「誰それ?」って教えてもらったくらいです。さらにその半年くらい後に

「小室ファミリーのglobeのダンサー、BPのCMに出てたマークだよ」とも人から

教えられたんですが「へえ」の一言でその会話終了w。ところでこのCFのアタマ2秒の

$xのクチパク演奏シーン、合成で渋谷の109前になってます。そのマルキュー

(丸正ちゃいまんでw)の左右(ようするに道玄坂と東急本店通りかいな?)が

モニュメントバレーやグランドキャニオンを彷彿とさせる、いかにも米国西部的な

岩山と化してるのは真に面白いとは思いますが、M・パンサー氏以下モデル多数の

ノリも渋谷でロケ地も渋谷。$xは渋谷というよりは下北沢~新宿のバンドだったから

何やらアウェイ感すら感じましたね。さらにできあがってきた無料配布用の

BP試供品の袋を見て、これまたガッカリ。$xコマソンCD発売の告知コピーが

書かれてるのはいいんだけど、曲名が「BPカーボーイのテーマ」になってたんですよ。

カーボーイじゃクルマ雑誌ですよ。「BP買うボーイ」という意味も込めての

「BPカウボーイのテーマ」だったのに完全に台無しw。何から何までいちいちケチが

つきはじめた感アリアリのまま、6月にはベーコンポテト“BP”は関東限定のまま

商品製造もCMも打ち切りが決定。これにて一連のBP狂騒曲すべて終了。

15年にわたる活動の間に多くのミュージシャンやDJに少なからぬ影響を与え、

今なお続くRusticStompシーンまで生み出した$xではあったけど、

商業的成功には全く至らなかったことをまるで象徴するかのような

カルビーCMの一件でした。おしまい

PS:写真のBP、製造21年後の開封。クッサい臭い、すさまじい酸化油的なニオい

プラス正体不明な邪香!?w。味見する勇気など"鼻から"ゼロw。

撮影後、すぐ別のビニール袋2枚に二重で密封して廃棄。&窓を開けて換気。

ちなみに受け皿がわりにしてるのはサッポロビール園のコースター。

実はベーコンポテトBPもカルビー“サッポロポテト”の姉妹品というか

そのシリーズ一連商品のひとつだったので、“サッポロ”つながりで使ってみました。

90年代なかばのほぼ同時期に$xは北海道初上陸(シキリはSLANG。

コウちゃん始め皆さんお世話になりました)。札幌でのライヴ当日の昼メシは

ジンギスカン@サッポロビール園。その時に"ちゃんと購入"した新品お土産用

コースター5枚セットのうちの残存1枚がコレ。英語でSAPPORO BEER GARDEN

じゃなくドイツ語でSAPPORO BIER GARTEN と書いてあるのが気に入って

即買いした記憶。ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキー万才!DasEnde

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。