2015年4月23日木曜日

ShowTheFlag!

【i国you國・うよ極説wあり】

わたくし在住の東京N区も隣のS区もM市も区市議選の真っ最中です。

うるさい。選挙カーの拡声器使用を全国一斉に禁止すべきかも。

拡声器使用は駅前等での街頭演説だけでいいんじゃね?

それも朝昼禁止の15時~20時限定でよかね?

道路では名前と主張を書いた幟を掲げて肉声で回ればよいのでは?

のぼり↓
小田原市民の皆様、三つ鱗、ミツウロコでございます!
上田市民の皆様、六文銭、ロクモンセンでございます!
















外国人参政権に賛成している政党(公明・民主・社民・共産など)の

公認・推薦候補に投票することは、日本文化を衰退させ、

安全安心な日本社会を崩壊させることにつながります。

リベラル感覚で人道的に良かれと思い、迂闊にも外国人に

参政権を与えてしまったスウェーデン等欧州各国では

近年とんでもない事態がひきおこってます。

特定の小さな自治体に特定外来民族が集中的に移り住み、

その自治体の議会から行政まで合法的に乗っ取りはじめているのです。

そういう地区では、その国本来の文化風習の破壊が進行し、

さらにその地区では少数派となってしまった本来のその国の国民が、

多数派となった外来民族から各種迫害をうけるに至ってます。

そういうニュースを朝日新聞・テレ朝や毎日新聞・TBS等は

報道しませんから(それらのマスコミには外国人参政権に賛成する者、

すなわち在日外国人とその帰化済み先輩がやたら多いからです)、

そういう事実を知らない日本国民も多いようですね。

外国人参政権などを認めては日本国内のあちこちに

日本語も通じない治外法権的な

特定ジンガイ町村(やがては市区)がボコボコ生まれるだけなのです。

中共などは国をあげて日本への移民を奨励することでしょう。

各種犯罪の温床と化すことは目に見えてますし、

有事の際には国内各地に敵性集団を抱えることにもなりえて非常に危険です。

なのに外国人参政権に賛成してる政治家や評論家は

一体何を考えてるんでしょうね。その者らは日本国民の

安全と利益よりも近隣諸国民の便宜を優先してるとしか思えません。

テレ朝やTBS等でさも善良そうな知識人ヅラさげつつ、

シレ~っと日本が損をして中朝韓が得をするコメントを吐く連中の

言うことにダマされてはいけません。

ハッキリ申し上げまして日本に長期滞在~永住する外国人は、

日本が好きで、日本文化を愛し、日本社会にうまく馴染んで

マジメに働き、選挙権は無くても税金はキッチリ納める、

という人々だけでいいのです。

日本に不満があるなら祖国に戻っていただけば

いいだけの話ですしね(※註)。

そんなわけで、外国人参政権に賛成してる政党

(AIIB参加を主張してる政党ともほぼかぶります)の候補に

投票するのは日本国民の安全と利益のために是非とも避けましょう。

わたくし個人が旗幟(×キショク、◎キシ ですよ)を鮮明にいたしますと

(これが本投稿の英文タイトルの意味ですよ)、

国会に議席を有する政党で支持するのは1に次世代の党、2に自民党、

3・4が無くて5に維新の党です(自民の親中・親韓派議員は次の選挙で

是非ご落選を!。維新には反日親韓の民主党や反日親朝の社民党との

選挙協力は金輪際やめていただきたい!)。

市区町村議選となると単に地元近所の候補を選ぶ人も多いかもしれませんが、

和の国・日本を愛する大和民族&琉球民族&アイヌ民族&

日本に帰化した外来諸民族の方々なら、

共産・社民・民主や公明といった"和を乱す"反日左巻政党や

特定カルト政党の候補に投票するのだけはやめましょうね

(生活ナンチャラと誰それカンタラとかいう、やたら長くて

フザケた党名の、泡沫国賊政党などはガン無視ですw。

某五輪メダリスト氏は氏の名誉回復のためにも是非離党を。

しかし以前の所属政党に復党しても、そこも斜陽国賊政党でしたねw)。

ちなみに国政レベルの話題ですが、中共主導のAIIB

(アジアインフラ投資銀行)に日本が参加する必要などまったく

ありません。日米主導でフィリピンに本部のあるADB

(アジア開発銀行)がすでにありますし、

覇権主義国シーナ(←ポルトガル語でChinaのこと)の

アジア進出というかアジア支配の目論見に日本が出資援助するなど

愚の骨頂です。さらにAIIBに参加しても日本国民の血税が結局は

腐敗大国シーヌ(←フランス語でChinaのこと)の国営企業幹部や

中共党幹部のフトコロに収まりそうです。なのに反日マスコミや

左巻政党はみな日本もAIIBに参加すべきだなどと主張しており、

仮想敵国ヒーナ(←ドイツ語でChinaのこと)の犬ぶり丸出しです。

シナ(←古代インド人が秦をシナと呼んだのが支那・China共通の語源)

では犬も食べられてしまうのを知らないのでしょうかね。w


後日追記: 最近のチーナ(←スペイン語・イタリア語でChinaのこと)に

関することはヨウツベで石平(セキヘイ)先生(シナ出身で

日本に帰化済みの、中共政府を嫌う大学教授です)の小噺、もとい

お話を聞くのが一番面白いですよ。


※註: 日本に不満なら帰国すればいいだけでしょと言うと、

正しい歴史的事実を認識できてない人たちは次のように反論します。

“在日コリアンの場合は、父祖が朝鮮から強制徴用されて日本に

連れてこられたんだ。好きで日本に住んでるわけじゃないんだ”とね。

しかし戦時徴用されてきたコリアンは大戦後、245名を除いて全員、

日本政府が用意した船で半島に帰還しているんです。

祖国に戻らなかった245人は全員が本人の意思で日本残留を

希望した人たちです。さらに徴用とは全く無関係に戦前から、

単なる出稼ぎ労働者として大量のコリアンが本人の意思で

内地にやってきました。大戦後の混乱期~朝鮮戦争期にも

半島(済州島などももちろん含む)から日本に大量のコリアンが

本人の意思で渡ってきました(ここでは正規ルート/密入国の別は

あえて問いませんがね)。つまり現在の在日コリアンは全員、

本人の意思で日本で暮らすことを選択した者とその子孫なのです。

在日コリアンは強制連行されてきた可哀想な人たちとその子孫だ

などという誤った認識は、反日諸団体・左巻政党らが巧みに

日本人に信じこませたウソなのです。


追伸: 日韓関係が昨今おかしなことになっている原因のひとつは、

吉田清治(2000年没)という元軍人(に成りすました=背乗りした、

別人説あり)が、ありもしなかった日本軍による朝鮮での"女狩り"

(慰安婦強要目的の強制連行)を、さも事実のごとく綴った

「私の戦争犯罪」(1983刊)という創作小説にあります

(ハングル訳され韓国でも出版)。その吉田の捏造詐話および

吉田の数々の虚偽証言をすべて事実として朝日新聞が繰り返し

記事にしてきたので、日韓両国では日本軍による朝鮮女性への

慰安婦強制を信じる者が急増してしまいました。

しかし吉田が慰安婦強要目的の"女狩り"を最初に行ったとする済州島で

韓国人新聞記者が調査したところ、日本軍により女性が

強制連行された記録は一切どこにもなく、さらに当時を知る

地元韓国人の記憶にも一切なかったので、

吉田の小説は架空のものだと結論づけています

(が、その結論は韓国政府により封印された模様)。

吉田は後年、電話インタビューにおいて自著の内容は

フィクションだと認めており、なぜ日本人の品位を穢すような作り話を

事実の如く書いて本にまでしたのかとの問いに

「日本軍による悪行・蛮行の本を書けば売れると思ったから」

と答えたようです。しかし吉田の著書内容をあくまでも事実だとみなす

韓国政府の国連でのロビー活動により、国連の人権委員会では

吉田の創作小説の内容を証拠として、日本軍による朝鮮女性への

慰安婦強制が実際あった事件として認定されてしまい、

それを錦旗のごとく振りかざして韓国は日本に元慰安婦への

謝罪と賠償をことあるたびに求め続けてきているわけです。

そして朝日新聞は常に韓国側に立った論調を展開してきました。

この件にマトモな日本人はもうウンザリなのです。

そもそも日韓間の補償問題は1965年の日韓基本条約締結時に

日本が韓国に渡した巨額の補償金ですべて解決済みなうえ、

日本兵相手の慰安婦はみな単なる売春婦で、みな高収入を

得てましたから、ますますもって今さら謝罪も補償も必要ありません。

これは大戦中に米軍が"捕虜"にした朝鮮人慰安婦20人への

聞き取り調査でも証明されてます。その20名全員が

朝鮮人業者の斡旋・仲介により慰安所にやって来た売春婦で、

日本軍に強制連行されてきた者など1人もいませんでしたし、

全員かなり高額の月収があり、生活に自由もあったと

米軍の記録文書に残ってます。

つまり韓国側が主張する"性奴隷"などでもありませんでした。

元慰安婦への謝罪と賠償を求める韓国の要求を無視する

安倍首相の姿勢は全く正しいのです。大ウソつきの吉田清治と

その大ウソを真実として内外に流布し続けた朝日新聞が

韓国政府に利用され、80年代までは存在すらしなかった慰安婦問題を

作り上げたのです。

竹島問題、対馬の仏像事件、過激な反日デモ、

スポーツの場での各種反日騒動、

在日~帰化ずみコリアンによる各種凶悪事件などと慰安婦問題とが

マイナスの相乗効果をみせて沸き起こったともいえる昨今の

嫌韓ブームの根本原因の1つを吉田と朝日は作ったのです。

嫌韓被害を受けて困窮する在日コリアンの皆さんは

朝日新聞を訴えるべきです。

すでに死亡してる吉田清治は欠席裁判で死刑にしましょうw。

さらに物的証拠も記録も一切ないのに元売春婦による偽証ごときを

証拠として、日本軍による朝鮮女性への慰安婦強制は事実だったと

言い張り、慰安婦問題をさんざん煽り、結果として日韓関係悪化に

"尽力"したといえる社民党・福嶋みずほ、元社民党・田嶋陽子の両氏も

今の嫌韓ブームの火付け役だといってよいので、

嫌韓被害コリアンの皆さんは朝日新聞だけでなく、この両氏のことも

訴えるべきだと思いますよ。w


PPS: 言論の自由もない非民主国家のデタラメ政府により

不当に8ヶ月も拘束されていた産経新聞

(この新聞、日本では保守右派紙といわれますが、

西欧のジャーナリストに言わせれば

産経の論説は世界基準から見れば中道左派らしいです。

どんだけ日本の政治とマスコミは左に傾いてるんでしょう。

ちなみに次世代の党は右翼政党ではありません。

まぁ保守右派といわれますが、

世界基準からみれば保守どころか中道政党なのです。)

の元ソウル支局長・加藤さん、とりあえずの解放帰国バンザイ!

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。