2015年9月1日火曜日

本日、防災の日

【i国you國・うよ極説wあり】

戦後最大の犠牲者を出した災害といえばもちろん

2011(H23)年の東日本大震災(死者行方不明者合計18,466名)ですが、それ以前は

1995(H7)年の阪神淡路大震災(同6,437名)、さらにそれ以前は

1959(S34)年の伊勢湾台風(同5,098名。うち愛知県3,351名,三重県1,211名)でした。

1959年9月26日18時、超大型の台風15号(国際名Vera)が紀伊半島に上陸。

その強い低気圧と暴風によって伊勢湾に発生した5m超の巨大な高潮により

愛知県西部~三重県北部の海岸部の堤防(平均3m台)が次々と決壊。

海抜0m~マイナス地帯(地盤沈下エリアと元からの干拓地)が広がる

名古屋から桑名にかけての臨海地域(そもそも江戸時代の東海道も「宮」(熱田神宮前)~

「桑名」間は水路「七里の渡し」で、陸路を避けたほどの水郷低地帯) に、

夜間(それも暴風雨による停電時)、突如として海水がなだれ込み

(名古屋港の貯木場からは大量の巨大な材木が高潮で押し流され住宅地を直撃)、

昭和34年当時で戦後最大の災害犠牲者を出す台風となりました。

わたくしはその伊勢湾台風の被災地(水没エリア)で育ちました。

といっても同台風の3年後の生まれなので、物心ついた頃には既に同台風の

爪痕は全く何も残ってませんでしたが、学校や公共施設のあちこちに

伊勢湾台風被災当時の写真がよく掲示されてました。その写真の多くに

ボート、ヘリコプター、トラックで被災者を救助・救援する自衛隊が写っており、

ガキ心ながら自衛隊をリスペクトするようになりました。昭和40年代のハナシです。

 当時は左翼かぶれの勘違い学生が、ゲバ棒片手に「安保反対!」

「佐藤栄作(B作ちゃいまんでw)は首相やめろ!」などとデモでわめいてた時代ですよ。

40数年たった今も日本はたいして変わりばえしませんねぇw。

国防問題を現実的に捉えようとしない亡国お花畑に住むバグが

いつの世でもうるさく飛び回ってるようです。まぁそういうバグの群れ

(8/30国会前には、警察発表で3万3千、産経新聞独自集計で3万2千。

なのにバグ側の自称動員数は12万! ・・・さすがバグ、数をかぞえるのに

4倍ちかくも誤差が出る、ヒビ割れドンブリ脳、お見事w) が、

ゴキジェットでシューもされずwブンブン自由に蠢いてられるということは、

それだけ日本は言論の自由のある民主国家だという証ではありますw。


 自衛隊は憲法違反だから武装を放棄して解散すべきだと主張し

自衛隊の存在そのものを否定するような個人は、災害時にも自衛隊の

救助・救援は個人的にお断りください。緊急事態にヘリコプターで

救出してもらうなんてもってのほか。オニギリ1個もらうなよ。

自衛隊を否定してんなら当然でしょ。それがスジというもの。

しかし、そんなアンチ自衛隊のヤカラだろうが差別も区別もすることなく

同じ日本国民として等しく救助・救援するのが自衛隊だそうです。

さすが現代の武士道集団、21世紀のモノノフ軍団バンザイ!


 本日は関東大震災92周年の防災の日ということで、

個人的な防災訓練?として、大災害時の非常食として買い置きしてある

自衛隊の携帯食(戦闘糧食)の調理訓練wを実施。以前、陸自の

朝霞駐屯地の広報センターを見学した際に、そこの売店で購入しておいた、

防衛糧食・陸型Ⅰ(カレーライス)、同・陸型Ⅱ(牛丼)、

同・陸型Ⅲ(シチュー&ライス)の3種の中から、賞味期限の一番近かった

シチュー&ライスが本日のメニュー。

熱源いらずの戦闘糧食!!
これだけで、あつあつのシチュー&ライスが食べられます
(能書原文ママ)

パックの中身すべて見せます
下段右はレンゲ&紙ナプキン
発熱剤(袋入り粉末)+発熱溶液(液体)で沸騰!!
外袋が飯盒がわり。無炎で30分加熱調理
食事喇叭~!
♪ 1中隊と2中隊はまだメシ喰わん 3中隊はもう喰って食器上げた~

香りよし、味よしのビーフシチューと白飯の完成
牛肉2塊、ジャガ芋と人参ゴロゴロ

火も水も電気も鍋も不要で、購入時のパックとその中身だけで加熱調理できる優レモノ。

お味は予想を遥かに越える美味。時空を超えて大戦中のガダルカナル、ニューギニア、

インパール方面等に大量に送っていただくよう時空防衛軍に請願したくなる逸品です。 


元気を出してグンカ~!

♪携帯口糧あるならば~遠く離れて三日四日~廣野千里に渡るとも~散兵線に秩序あり~


ごちそうさまでした。

陸自・朝霞広報センターの売店の買い物袋

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。